乳酸菌の種類ガイド

Th221株(kk221株)

Th221株(kk221株)

Th221株(kk221株)は、しょうゆの醸造過程でできる「もろみ」から発見された菌株で、
植物由来の乳酸菌として話題です。

 

醤油や味噌、漬物等の発酵過程では、
植物成分を栄養源とする乳酸菌が数多く関わっていますが、
このTh221株(kk221株)も、この発酵過程での「もろみ」から発見されたのです。

 

大豆と小麦に?菌を加えて?を作り、
その?に食塩水を混ぜて発酵させたものが「もろみ」で、
これを搾ると「しょうゆ」になります。

 

乳酸菌Th221株(kk221株)は、しょうゆの醸造過程で、
しょうゆの味に深みを与え、香りを引き立たせるという役割を担っています。

 

また、Th221株(kk221株)は、
一般的な乳酸菌と比べると、抗アレルギー作用が高いのが特徴的で、
副作用もなく安全に、アレルギー症状が緩和できるといわれています。

 

特に、白血球から分泌されるサイトカインの一種である
「インターロイキン-12」という物質の生産を高めます。

 

そして、NK(ナチュラルキラー)細胞の活性化や、
Th1細胞へ分化させる機能も担います。

 

・効果を高めるためにはメカブフコダインを併用する

 

わかめのメカブに含まれる粘性多糖類「メカブフコダイン」に、
注目が集まっています。

 

Th221株(kk221株)とメカブフコダインを併用することで、
さらに免疫調節がうまくいくという可能性があることも示唆されています。

 

免疫調節がうまくいけば、
ウィルス感染などに強い身体を作ることができますし、
アレルギー症状の緩和にも役立ちます。

 

メカブフコダインは、メカブ特有の「ぬめり成分」のことで、
メカブフコダイン自体にも、抗ウィルス作用や抗腫瘍作用、
免疫調整作用等があることも分かっています。

 

Th221株(kk221株)とメカブフコダインで、
健康的な体つくりを心がけたいですね。