乳酸菌の種類ガイド

ブルガリア菌2038株

ブルガリア菌2038株

ブルガリア菌2038株は、「LB81乳酸菌」と呼ばれる菌の一つです。

 

LB81乳酸菌は、ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株の二つで、
これらの乳酸菌は、明治がヨーグルトを作るために選び出した組合せです。

 

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株は、
ヨーグルトの本場とも言われるブルガリアで、
古くから使われ続けてきた菌種です。

 

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株を組み合わせたLB81乳酸菌は、
腸内環境を整える効果があります。

 

実際に、LB81乳酸菌を用いたヨーグルトを食べてもらい、
調べたところ、腸内細菌の悪玉菌が少なくなり、
善玉菌が増えていたことがわかりました。

 

また、LB81乳酸菌を用いたヨーグルトを食べている間と、
食べていない間の検査では、食べているときのほうが効果が高く、
2週間食べるのを止めてしまうと食べる前の状態に戻ってしまうことも分かっているので、
効果を持続したいのであれば、継続して、定期的に食べて行くことが必要だといえます。

 

また、LB81乳酸菌を用いたヨーグルトを食べていると、
便秘が改善し、便の状態も理想的なバナナ状に、
排便回数も適度な回数に改善されたことが分かりました。