乳酸菌の種類ガイド

シロタ株

シロタ株

シロタ株や、ヤクルトの創始者となった代田稔博士が
1930年に強化培養に成功した乳酸菌です。

 

代田稔博士は、まだ医療が行き届かず、
抗生物質などもなかった時代に、
チフス等の感染症で命を落とす子ども達を助けるために乳酸菌の研究をしました。

 

そして、自らが収集した乳酸菌のなかでも、
胃液や胆汁に強く、生きて腸まで届く乳酸菌を発見し、
さらに歳月をかけて、乳酸菌を乳酸菌飲料「ヤクルト」として商品化しました。

 

シロタ株や、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株、或いはカゼイ・シロタ株、
或いは「乳酸菌シロタ株」と呼ばれ、認知度が高い乳酸菌として有名になっています。

 

・シロタ株の効果

 

シロタ株の効果としては、整腸作用が挙げられます。

 

シロタ株を毎日摂取すれば、摂取していないときよりも
腸内に住むビフィズス菌が増え、悪玉菌が減ります。

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を大幅に減らすことができるシロタ株は、
腸内環境を整えるのに適した乳酸菌なのです。

 

また、シロタ株が作り出す乳酸には、
腸管出血性大腸菌O-157の増殖を防ぐ作用もあります。

 

さらに、NK活性が下がりやすい喫煙習慣のある人も、
シロタ株を飲み続けることによって、
NK活性が回復したというデータもあるので、
シロタ株は、大腸がんや膀胱がんの
発ガンリスクを抑えることができるものであるともいえます。

 

そして、免疫バランスを整え、花粉症の症状を軽減する効果もあります。

 

アレルギーは、Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れることによって発症します。

 

ですが、シロタ株がTh1細胞に働きかけ、免疫バランスを整え、
Th1細胞よりもTh2細胞が優位になるのを不正でくれます。

 

Th1細胞と、Th2細胞のバランスが整えば、
アレルギー症状の緩和につながります。