乳酸菌の種類ガイド

サーモフィラス菌1131株

サーモフィラス菌1131株

LB81乳酸菌と呼ばれる菌の一つに、「サーモフィラス菌1131株」があります。

 

明治がヨーグルトを作るために選び出した組合せは、
サーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株で、
この二つの菌は、ヨーグルトの本場であるブルガリアで
伝統的に用いられてきた菌種です。

 

このサーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株の組合せを、
「LB81乳酸菌」と呼びます。

 

LB81乳酸菌の「LB」は、乳酸菌を意味する言葉である
「Lactic Acid Bacteria(ラクティック・アシッド・バクテリア)」の頭文字で、
「81」は、サーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株の末尾番号を組み合わせたものです。

 

・LB81乳酸菌は腸内環境を整える

 

サーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株を組み合わせた「LB81乳酸菌」は、
腸内環境を整えるという働きが優れています。

 

実際に、健康な成人にLB81乳酸菌を使用したヨーグルトを食べてもらい調査したところ、
腸内細菌叢の悪玉菌が少なくなり、善玉菌が増えたという結果が得られています。

 

また、LB81乳酸菌を使用したヨーグルトを食べている期間と、
食べるのを止めた後の糞便を検査したところ、
食べている間は、悪玉菌であるクロストリジウムが
減少傾向にあることが分かりました。

 

さらに、腐敗産物も減少傾向を示し、
アンモニア、インドールは殆どの人が減少しています。

 

そして、ヨーグルトを食べるのを止めてしまうと、
2週間で元の状態に戻る事も分かりました。

 

ですから、腸内環境を整えるには、
乳酸菌を毎日摂取して行くことが重要であることがわかります。

 

・LB81乳酸菌で便秘を和らげる

 

LB81乳酸菌は、便秘を和らげる効果があることも分かっています。

 

実際に、検査をしたところ、便の形状が、理想的なバナナ状になったと言う人が多く、
一日100g以上のヨーグルトを食べると、効果が得られることが分かりました。

 

・LB81乳酸菌で皮膚機能を改善する

 

LB81乳酸菌を使用したヨーグルトを食べ、便秘症状を改善することで、
皮膚機能も改善することがわかっています。

 

便秘と肌荒れには、因果関係があります。

 

慢性的な便秘で乾燥肌の人にLB81乳酸菌を使用したヨーグルトを食べてもらい、
検査したところ、便秘が改善され、皮膚の弾力性が高まり、乾燥肌も改善されたそうです。