乳酸菌の種類ガイド

ラブレ菌

ラブレ菌

ラブレ菌は、京漬物「すぐき漬」から発見された
植物乳酸菌の一つです。

 

これは、ルイ・パストゥール医学研究センターの
岸田綱太郎博士が、「京都の男性は全国2位の長寿」という新聞記事に注目し、
京都人が好む漬物のなかに、健康維持に関わるものがあるのでは?
というところから、京都の漬物を一つずつ調べ、
1993年に発見したものです。

 

ラブレ菌は、植物乳酸菌の中でもトップクラスの腸内生存率を誇る乳酸菌です。

 

そして、その生存率が高いのは、
ネバネバ成分である多糖(EPS)をたくさん分泌し、
消化液に対して強い耐性を持つためだと考えられています。

 

・ラブレ菌で免疫力を高める

 

ラブレ菌の効果の中で最も注目されているのは、免疫力を高める効果です。

 

腸に届いたラブレ菌は、腸内の免疫機関に作用します。

 

そして、感染症やガンから身体を守るNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化するため、
ガンや感染症予防に期待が集まるインターフェロンを生み出す力を強くします。