乳酸菌の種類ガイド

KW3110株

KW3110株

KW3110株は、小岩井乳業が保有する100種類以上の中から、
キリンホールディングスが、
免疫細胞のバランスの乱れを改善する乳酸菌として選び出した菌株です。

 

KW3110株は、アレルギー疾患に大きく関係する
Th1とTh2の二つの免疫細胞のバランスの乱れに対し、
特に強い改善作用を示すことがわかっています。

 

また、酸に強いので、胃酸や胆汁酸に負けることなく、
生きたままで腸まで届き、腸の細胞に定着し、整腸作用を発揮します。

 

・KW3110株でアレルギー症状を緩和する

 

アレルギーは、免疫細胞であるTh1とTh2の二つのバランスが崩れることが
主な原因となって起こります。

 

免疫を司るリンパ球には、T細胞とβ細胞があり、このうちT細胞には、
免疫反応を調整するヘルパーT細胞と、病原菌等を攻撃するキラーT細胞があります。

 

そして、ヘルパーT細胞には、Th1細胞(細胞性免疫をつかさどる)と、
Th2細胞(液性免疫をつかさどる)があります。

 

このヘルパーT細胞のうち、Th1細胞よりも、Th2細胞の割合が増えると、
花粉やダニなどに接触したとき、
アレルギー反応が起こり、くしゃみや発疹などの症状が出ます。

 

β細胞は、抗体を生み出していますが、
アレルギーに悩む人に対しては、
このTh1とTh2のバランスを正常に戻してあげると、
アレルギー症状が緩和できるのではないか?と考えられます。

 

そこで、KW3110株の出番です。

 

KW3110株の投与によって、花粉症の症状が和らぎ、
花粉症の予防に効果があることが分かっています。

 

さらに、アトピー性皮膚炎にも効果があります。

 

アレルギーに悩む人、アレルギーが心配な人は、
KW3110株を摂取すると良いかもしれませんね。