乳酸菌の種類ガイド

L-92株

L-92株

カルピスが保有する数多くの乳酸菌の中から選ばれたL-92株は、
アレルギー症状を引き起こすIgE抗体を抑制する作用を持つものです。

 

花粉症や通年性アレルギー性鼻炎にみられる目の症状、
鼻の症状が、実際に改善されいていることが、
ヒトへの試験で実証されています。

 

リンパ球の一種であるTh1とTh2のバランスが崩れ、
Th2のほうに傾くとアレルギー症状が起こるといわれています。

 

しかし、このL-92株の投与で、
Th1とTh2のバランスが調節されることが動物実験で確認されています。

 

L-92株は、一般の乳酸菌飲料やヨーグルト等では摂る事ができない
特別な乳酸菌ですが、生きて腸まで届く乳酸菌の一つで、
加熱した殺菌でも同じ効果が見られることから、
飴やサプリメントなど、様々に商品化されています。

 

そして、比較的手に入れやすいので、
花粉症の症状に悩んでいる人は、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

 

・L-92株でTh2細胞を減らす

 

L-92株は、花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎にも効果があります。

 

実際に、アトピーを持つ子どもを対象に行った試験では、
多くの子どもに皮膚症状の改善、かゆみの減少が見られました。

 

また、動物細胞を使った実験でも、
L-92株がTh2の働きを抑え、
IgE抗体の産生を抑制することが確認されています。

 

Th2とは、免疫をつかさどるリンパ球の一種で、
IgE抗体は、花粉やダニなどが身体に入ることによって作られる物質です。

 

Th2もIgE抗体も数が増えると、アレルギー症状が起こりますから、
これらの数を減らし、働きを抑えれば、
アレルギー症状を緩和することができるのです。

 

そこで、L-92株ですが、このL-92株には、
免疫バランスを整え、アレルギー症状を緩和する力があると考えられているのです。

 

・L-92株でインフルエンザ感染を防ぐ

 

L-92株は、免疫系に働きかける力が強く、インフルエンザの感染を抑えたり、
風邪などの症状を緩和する作用があることも分かっています。

 

風邪のリスクが高くなる冬の時期に、
L-92株を含むヨーグルトを毎日食べた人の唾液から
インフルエンザウイルスを検出したところ、
L-92株を食べていない人よりも、インフルエンザ濃度が低いという結果がでました。

 

さらに、L-92株を摂った人には、風邪で熱を出した人が少なく、
鼻づまりや喉の痛み、せき、悪寒、倦怠感といった
風邪の自覚症状も少ない傾向にありました。

 

このようなことから、L-92株は、
NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、
ウイルスへの防御作用を果たすこと、
そして、過剰なサイトカインの産生が抑制する力を持っていることが分かります。