乳酸菌の種類ガイド

L-55株

L-55株

L-55株は、胃液や腸液に対する耐性がとても強く、
生きて腸に届き、そして長く腸に留まることで注目されている乳酸菌です。

 

L-55株は、乳幼児の腸内から分離された乳酸菌で、
オハヨー乳業が発見したものです。

 

おなかの中にいる乳酸菌ですから、
胃液や腸液に対する耐性がとても強く、
人工胃液を使った耐性試験でも100%の生存率を示しています。

 

また、人工腸液の場合は、生菌数の減少は殆ど見られていません。

 

このように胃液や腸液に強い耐性を示すL-55株が、
腸内でより高い生理機能を発揮するためには、
腸にどれだけ留まることができるかということがポイントになってきます。

 

そこで、L-55株が、
腸管上皮細胞にどのくらい留まることができるかをみる試験を行ったところ、
ブルガリア菌など他の菌と比べて、
明らかに付着性に優れていることが分かりました。

 

特に発酵乳の形でL-55株を摂取すると、
L-55株は生きたまま腸に到達し、
そして腸内で増殖し、腸内環境を整えることも分かっています。

 

・L-55株でアレルギー症状を緩和する

 

L-55株は、アレルギー反応を抑制する効果があります。

 

マウスを使った実験でも、L-55株を投与すると、
花粉症の症状である鼻をかく症状や、くしゃみの反応が抑えられました。

 

さらに、血清中の抗原特異的IgE抗体の値も低下しました。

 

抗原特異的IgE抗体とその抗原が結合すると、
ヒスタミン等の炎症物質が放出されて、アレルギー症状が起こります。

 

そのとき、L-55株を投与すれば、IgE抗体量は少なくなるので、
炎症物質も減少します。

 

そして、アレルギー症状も起こりにくくなるというわけです。

 

さらに、花粉症だけでな、アトピー症状の緩和にも役立つことが
マウスを用いた実験で確認できています。

 

・L-55株でイソフラボンの吸収を高める

 

L-55株の面白い効果があります。

 

それは、大豆などの豆科の食べ物に多く含まれている、
女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンの吸収を高める効果です。

 

イソフラボンは、乳がんや骨粗鬆症などの病気に効果があるといわれ、
近年、注目されている栄養素の一つです。

 

さて、イソフラボンは、グリコシド型とアグリコン型という
二つのタイプに分けらます。

 

 グリコシド型イソフラボン: 豆乳やきな粉に含まれる
 アグリコン型イソフラボン: 納豆や味噌等の発酵食品に含まれる

 

そして、この二つのイソフラボンのタイプのうち、
吸収性に優れているのは、アグリコン型イソフラボンです。

 

しかし、グリコシド型イソフラボンでも、
腸内細菌が持つ酵素の働きによって、アグリコン型に変換することができます。

 

腸内細菌の仲間であるL-55株は、他の乳酸菌と比べても、
圧倒的にアグリコン量を増やしてくれる菌です。

 

ですから、L-55株を摂ると、イソフラボンが効率よく吸収されることに
大きな期待がもてるという訳です。

 

イソフラボンは、女性の健康、美容に欠かせない食材です。
L-55株と一緒に摂ると、より良いということが分かりましたね。