乳酸菌の種類ガイド

LS1菌

LS1菌

LS1菌は、歯周病予防に効果がある、
健康なヒトの口の中から発見された乳酸菌です。

 

ヒトの口の中には、腸の中と同じように善玉菌もいますが、
悪玉菌もたくさんいます。

 

そして、善玉菌は口の中で健康に有益な働きをし、
悪玉菌は歯周病の原因になるなどします。

 

LS1菌は、健康な人の健康な口の中に住む善玉菌で、
この善玉菌であるLS1菌がおおければ、
虫歯や歯周病を防ぐ力が強くなります。

 

・現代人の口の中は悪玉菌が多い

 

現代人の口の中は、悪玉菌がはびこりやすくなっています。

 

日本人の8割にもあたる人が、歯周病を患っていたり、
その危険性があるといわれているほど、
現代人の口の中は、健康的ではないのです。

 

・口の中の悪玉菌は全身に作用する

 

口の中の悪玉菌は、虫歯や歯周病、口臭の原因になります。

 

そして、そればかりではく、糖尿病や心臓疾患などのリスクも高めます。

 

なぜなら、口の中の悪玉菌は、血管内に入り込み、
血液によって運ばれるからで、結果、全身に影響を及ぼすのです。

 

たとえば、歯周病の患者さんが、歯医者さんで歯石を取ってもらうとき、
歯茎から出血することがあります。

 

このとき、歯茎が出血する事があり、
悪玉菌が血管内に入り込んでしまう危険性があるということが
指摘されています。

 

血管内に入り込んだ悪玉菌は、
通常は、ヒトが持っている免疫力によって駆除されますが、
免疫が低下している人や、もともと心臓疾患を患っている人は、
深刻な感染症を引き起こすリスクが高くなるのです。

 

そのため、献血の基準(日本赤十字社)でも、
「出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)をした後、
3日間は献血できない。」と定められています。

 

さて、口の中には悪玉菌がいます。

 

ですから、この悪玉菌を減らさなければなりません。

 

そのためには、口の中に、
LS1菌をはじめとする善玉菌を増やしてあげることが必要です。

 

LS1菌など、ヒトが本来持っている乳酸菌を増やし、
そうする事によって現代人にありがちな口の中の不健康を改善し、
口の中の環境をバランスよく整えようという考え方が、近年広まっています。

 

・LS1菌で歯周病の原因細菌を殺菌する

 

歯周病の原因となる細菌の中で、最も病原性が高いのは、
ジンジバリス菌という菌です。

 

このジンジバリス菌とLS1菌を混ぜて培養すると、
LS1菌は少ししかなくても、ジンジバリス菌が完全にいなくなります。

 

つまり、ジンジバリス菌は、LS1菌によって作り出される乳酸によって
殺菌されるのです。

 

さらに、最近の研究で、LS1菌は、
同じく歯周病の原因となる
プレポテラ・インターメディア菌を抑制することが分かっています。

 

・LS1菌で口臭を軽減

 

LS1菌は、歯周病の原因細菌を殺菌する力がありますから、
歯周病が原因となる口臭も、抑えることができます。

 

実際の実験では、口臭測定器で、「口臭アリ」と診断された人に、
LS1菌を約2ヶ月服用してもらっています。
すると、70%近くの人の口臭が消えたことが確認されたのです。

 

LS1菌は、オーラルケアに役立つ乳酸菌として、
今後更なる研究・臨床が期待されています。

 

そして、歯周病に働きかけることは、
お口の中の健康を保つのと同時に、
体そのものの健康を保つことにも影響することを憶えておきましょう。