乳酸菌の種類ガイド

HSK201株

HSK201株

HSK201株は、植物乳酸菌の一つです。

 

HSK201株は、ドイツの伝統食である、
「すっぱいキャベツ」を意味する漬物のような「ザワークラウト」から
発見した乳酸菌です。

 

ザワークラウトは、酢漬けによってすっぱくなるのではなく、
乳酸菌発酵によってすっぱくなります。

 

この発酵を行っているのが、HSK201株です。

 

HSK201株は、胃液に対して強い耐性があり、
生きて腸まで届きます。

 

そして、腸液に対しても強い耐性を持っているので、
腸液による増殖阻害を受けにくいということが分かっています。

 

つまり、生きたまま腸に届き、腸の細胞に、
生きたままの状態で留まってくれるのです。

 

このHSK201株の定着によって、
腸内環境は改善され、排便回数が増え、
便の色、形状、排便時の体感などが改善されます。

 

また、腸内環境が良くなることで、
腸内の腐敗物が減り、血液に流れ込む毒素も減ります。

 

血液はサラサラになり、代謝が高まり、
動脈硬化のリスクは低く、肌荒れなども起こりにくくなります。

 

また、排便時のといの爽快感も良くなりますから、
便秘に悩む人、便の状態が良くないと言う人は、
ぜひ、試してみると良いと思います。

 

・HSK201株で花粉症の症状を緩和

 

花粉症に悩む人は多いです。

 

そこで、HSK201株を、花粉症対策に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

花粉症の人に、HSK201株が含まれた乳酸菌飲料を、
一日170ml、8週間摂取してもらったところ、
花粉症のくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙目などの症状が
緩和したという調査データもあります。

 

花粉症の原因の一つに、スギがありますが、
スギ花粉症は、血清中に、スギ特異的IgE抗体が増えるために起こります。

 

ですが、HSK201株を摂取する事によって、
スギ特異的IgE抗体が増えにくくなるので、
Th1細胞が生み出す物質印紙が増加し、
Th1とTh2細胞のバランスが良くなり、花粉症の症状が抑えられるのです。