乳酸菌の種類ガイド

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
「ビフィドバクテリウム・ロンガムSBT2928」の略です。

 

このSBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
日本人の腸の中に住むビフィズス菌の中から、
優秀な株として選ばれたものです。

 

ビフィズス菌SP株の「SP」とは、旧雪印乳業が発見した株という意味で、
スノープロバイオティクス(Snow Probiotics)」の頭文字をとったものです。

 

さて、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
口から食べると、ヒトの腸内に定着します。

 

乳酸菌の種類によって、
定着する場所は異なるのですが、たとえば、
ガセリ菌は小腸にたくさん存在している菌で、
ビフィズス菌は大腸に多く存在しています。

 

そして、ビフィズス菌SP株は、主に大腸に定着しやすく、
大腸の環境を整える効果が期待でき、幅広い効果を発揮してくれます。

 

・病原性大腸菌O-157に対する効果

 

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
病原性大腸菌O-157の感染リスクを低下させることができるということも
確認されています。

 

・毒素原性大腸菌に対する効果

 

毒素原性大腸菌は、腸に付着することで感染を起こします。

 

ですが、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
BIF(ビーアイエフ)という付着阻止因子をつくることで、
大腸菌が腸の細胞に付着するのを防ぎます。

 

つまり、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
毒素原性大腸菌にも効果を発揮するのです。

 

・発ガンリスクに対する効果

 

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)の細胞の
DNAに変異を起こす変異原の働きを抑制する効果により、
発ガンリスクを低下させる可能性があると考えられています。

 

また、SBT2928株(ビフィズス菌SP株)には、
がん細胞を攻撃するマクロファージ(大食細胞)や、
キラーT細胞などの免疫担当細胞を活性化させることができます。

 

・老化に対する効果

 

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、
老化の原因になる悪玉菌の一種であるクロストリジウムを抑制します。

 

・胃機能に対する効果

 

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、胃の機能の低下を抑制します。

 

・脂質代謝に対する効果

 

SBT2928株(ビフィズス菌SP株)は、脂質代謝を改善する効果があるといわれています。

LP28株

LP28株は、胃酸や胆汁への耐性が強い植物乳酸菌として注目されています。

 

LP28株は、タイで栽培されるライチに似ている果物から分離されたもので、
広島大学大学院医歯薬学総合研究科・遺伝子制御科学研究室が開発しました。

 

・LP28株で免疫力を高める

 

生きたまま腸に届きやすく、アレルギーや病原菌の感染予防に働きかける
IgA抗体の量を増やす働きもします。

 

IgAとは、体内に侵入したウィルスや細菌、アレルゲン等と結合し、
体内に吸収されるのを防ぐ物質です。

 

つまり、IgAが多いほど、免疫力が高いといえます。

 

・LP28株で脂肪肝やメタボを予防する

 

LP28株には、脂肪肝の改善効果があることが分かっており、
メタボリック症候群の予防改善効果も期待されています。