乳酸菌の種類ガイド

EF-2001株

EF-2001株

EF-2001株は、免疫力を高める働きが最も強い菌です。

 

EF-2001株のマクロファージによって産出される
「TNF-α」という物質を活性化させる数値が、
数多くある乳酸菌の中でも最も高いのです。

 

この数値が高ければ高いほど、
免疫力を高める効果に優れた菌ということができるので、
EF-2001株は、免疫活性効果が期待できる菌として注目されているのです。

 

・BRM食品

 

EF-2001株をはじめとするエンテロコッカス属の乳酸菌は、
白血球の栄養源ともなるBRM食品でもあります。

 

BRMとは、「免疫強化物質」とも呼ばれています。

 

そして、大根やキャベツなど、様々な食品に含まれていますが、
乳酸菌も、近年BRM素材として注目を集めています。

 

食品に含まれているBRM成分は、
日常的な調理をしても殆ど壊れず、BRM効果も損なわれません。

 

乳酸菌の場合も、生菌と死菌で効果は変りませんが、
加熱した乾燥菌体は、保存性や安定性が高まり、
生菌よりも多くの菌を摂取することができます。

 

ですから、BRM効果を高めたいとき、
より適しているということができます。

 

特に、EF-2001株は、1gあたり7.5兆個もの膨大な量を含んでいますから、
とても大きなBRM効果を期待することが出来るのです。

 

免疫力を高めてくれるEF-2001株。

 

このEF-2001株を効果的に活用し、健康に役立てていきましょう。