乳酸菌の種類ガイド

LKM512株

LKM512株

生きたまま腸に届き、大腸で増えるビフィズス菌「LKM512株」。

 

協同乳業の研究結果では、
大腸で増えたLKM512株は、腸の中でポリアミンを増やすことも分かっています。

 

ポリアミンは、アミノ酸の一種で、
アルギニン、或いはオルニチンから合成されるものです。

 

アルギニン、或いはオルニチンといえば、動脈硬化など
様々な疾患に対する抑制効果があり、LKM512株によって、
これらの病気の予防にも役立つことが分かっています。

 

さらに、ポリアミンは、腸管のバリア機能を高め、
免疫バランスを調整します。

 

その結果、消化過程のタンパク質や微生物が
体の中に侵入するのを防ぐことが出来ますし、
炎症やアレルギーの発生のリスクを低くすることができます。

 

さらに、腸のなかには食事や微生物に由来する有害物質や、
微生物が作り出す有害物質がたくさんありますが、
これらの有害物質は、DNAに損傷を与える事から、放っておく事はできません。

 

これらの有害物質がDNAに損傷を与える事により、
ガン化してしまいます。

 

しかし、ポリアミンには、損傷を受けたDNAを修復する作用があります。

 

ですから、LKM512株増やしてくれたポリアミンによって、
大腸がんを予防することができると考えられます。

 

そして、腸管から吸収もされるので、全身の細胞へと移行し、
結果、全身の免疫系にも作用します。

 

LKM512株によって、腸内ポリアミンの濃度が高まると、
大腸が元気になります。

 

大腸の老化が抑制され、寿命が延びるといわれています。

 

現段階では、マウス実験の段階ですが、
今後は、LKM512株がヒトの健康寿命の伸長についての研究が進むことが期待されています。