乳酸菌の種類ガイド

BB536株

BB536株

BB536株はビフィズス菌の一つで、
1971年、世界で初めて食品に利用されたビフィズス菌です。

 

1971年以前に発見されていたビフィズス菌は、
酵素や熱に弱いという特徴があり、
食品に応用するには、技術的に難しいといわれていました。

 

ですが、熱や酵素、酸に強いBB5336株を森永乳業が発見し、
初めて食品に応用することが出来るようになりました。

 

・生きたビフィズス菌として活用

 

熱や酵素、酸に強いBB5336株は、
胃酸で死滅することなく、腸まで生きたままの状態で届きます。

 

生きたままの乳酸菌は、腸内で乳酸や酢酸を生み出し、
腸の蠕動運動を活発にし、消化活動を活発にします。

 

すると、お通じが改善され、腸内環境が整います。

 

また、酢酸は殺菌力に優れているので、
腸の中でウイルスが定着・吸収されるのを防ぐこともできます。

 

これにより、免疫力も向上します。

 

・潰瘍性大腸炎にもBB536株は効果あり!

 

BB536株が潰瘍性大腸炎に一定の効果があるという検査データも確認されています。

 

潰瘍性大腸炎とは、厚生労働省指定難病(特定疾患)の一つで、
大腸の粘膜が炎症を起こし、潰瘍やただれができ、穴が開く病気です。

 

大腸がんを併発することも多く、原因が特定されていない事から、
治療が困難な特定疾患に指定されています。

 

さて、この潰瘍性大腸炎の患者さんに一日2000〜3000億という
大量のBB536株を投与したところ、
多くの患者さんの症状が改善しました。

 

とはいっても、BB536株は薬ではないため、即効性はありません。

 

ですが、BB536株を摂取し、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことにより、
潰瘍性大腸炎の進行を食いとめる働きがあると考えられています。

 

また、BB536株が免疫バランスを改善することが出来るため、
腸の粘膜が強くなるため、潰瘍性大腸炎の症状が緩和するとも考えられています。

 

・BB536株で花粉症の症状を緩和

 

BB536株で、花粉症の症状を緩和できるというデータも確認できています。

 

花粉症の人に、BB536株を20億個以上含むヨーグルトを、
毎日食べてもらい、14週間続けてもらったところ、
目や鼻のかゆみが強く、くしゃみや鼻水など、
辛い花粉症の症状を緩和させることが出来たのです。

 

また、この実験では、スギ花粉のアレルギー体質の度合いを示す値が、
下がったという検査結果も得られています。

 

アレルギー症状は、
アレルギー物質が体内に侵入する事によって、
免疫機能が必要以上に活発化するために起こります。

 

ですが、BB536株は、このような過剰反応を起こしている腸管の免疫細胞に働きかけ、
正常な状態に戻す働きがあるので、アレルギー症状が緩和できるのです。

 

とはいっても、ヨーグルトを食べたからと言って、
アレルギーの抑制効果がすぐに出るわけではありません。

 

花粉症対策のためにBB536株を使用したヨーグルトを食べるのであれば、
花粉が飛び始める一ヶ月くらい前から食べ始めると良いでしょう。